日本最大級の競売中古マンション情報専門サイト

競売マンションドットコム

競売マンションドットコム

日本最大級の競売中古マンション情報専門サイト

【2018年11月19日(月)】

閲覧開始:金沢久留米行橋

詳しくはこちら

今日の競売マーケット

【2018年11月19日(月)】

閲覧開始:金沢久留米行橋

詳しくはこちら 詳しくはこちら

Q&A詳細

Q. 一括売却とは何ですか?

不動産競売では数個の不動産は個別の売却を基本にしていますが、民事執行法61条では、「相互の利用上不動産を他の不動産(差押債権者・債務者が異なる場合を含む)と一括して同一の買受人に買い受けさせることが相当であると認めるときは、これらの不動産を一括売却できる」とされています。
このように複数の不動産を1セットとして売却(競売)することを「一括売却」といいます。

たとえば、マンションでは古い物件の中には敷地権が設定されていない物件が散見されます。この場合、土地の持分と建物が別個の不動産ですが、敷地利用権と専有部分の分離処分が区分所有法で禁止されているので当然競売でも一括売却となります。

敷地権が設定されている物件は、建物にその登記がされているので一括売却にはなりません。

敷地権の制度は、昭和58年の区分所有法の改正で導入され、現在競売に出てくるマンションのほとんどは敷地権登記を設定したマンションなので一括売却のマンションは非常に少ないです。

ちなみに、「一括売却」と似ている用語で「一括競売」がありますが、これは、民法389条で「抵当権の設定後に抵当地に建物が築造されたときは、抵当権者は、土地とともにその建物を競売することができる。」とう規定です。つまり、更地に抵当権が付けられた後その土地に建物が建てられた場合、土地と共にその建物も競売することができるという制度です。混同しないようにしましょう。

  • Share on FacebookShare on Facebook
  • Share on TwitterShare on Twitter

その他のQ&A

デイリーアクセスランキング24時間以内の閲覧件数上位6件までを掲載していますRANKING

1ネオハイツ多賀城東

仙台地方裁判所

事件番号:
平成30年(ケ)第90号
売却基準価額:
4,105,000

2018年11月27日~2018年12月04日

>>詳細をみる

2五反田ガーデンハイツ

東京地方裁判所本庁

事件番号:
平成30年(ケ)第631号
売却基準価額:
16,330,000

2018年11月22日~2018年11月29日

>>詳細をみる

3プラウドタワー覚王山

名古屋地方裁判所

事件番号:
平成30年(ヌ)第28号
売却基準価額:
26,440,000

2018年11月21日~2018年11月28日

>>詳細をみる

3マートルコート調布第3A、B

東京地方裁判所立川支部

事件番号:
平成30年(ケ)第164号
売却基準価額:
13,020,000

2018年12月04日~2018年12月11日

>>詳細をみる

3パークコート神宮前

東京地方裁判所本庁

事件番号:
平成30年(ケ)第493号
売却基準価額:
48,930,000

2018年11月22日~2018年11月29日

>>詳細をみる

3A7号棟

奈良地方裁判所葛城支部

事件番号:
平成30年(ケ)第4号
売却基準価額:
970,000

2018年12月05日~2018年12月12日

>>詳細をみる

競売マンションドットコムは、日本初の競売中古マンション情報に特化したポータルサイトです。居住・投資目的問わず、今後中古マンション購入を検討しているすべての一般エンドユーザーの皆様の中古マンション選びにもっと自由な選択肢を提案したい!という思いから誕生しました。『中古を買って自分好みにリノベーション』というストック重視の価値観が徐々に浸透しつつある現在の日本において、中古マンションの1ジャンルである競売中古マンションは、リノベーション用マイホームの対象としても資産投資の対象としても魅力あふれる素材です。物件を一般中古市場価格より割安に取得後は、スケルトンリフォームをするのも自由、限られた予算の範囲内で壁紙とフローリングだけ新しくするのも自由、もしくは取得後すぐにそのまま住むのも自由、居住中の賃借人がいれば新たに賃貸借契約を結んで賃料収入を得るのも自由、とにかくいろいろな自由な選択肢があります。しかも、消費税がかからない点も大きな魅力です。『競売』というとかつては手続の煩雑さやその特有のイメージから敷居の高い部分もありましたが、近年は法整備が進みより透明性の高いシステムとして生まれ変わって誰でも参加しやすい環境が整えられています。いわば国が運営する不動産オークション市場として、プロの不動産業者も一般個人も全く同じ土俵で物件選び・入札ができるとてもフェアな環境なのです。このような魅力あふれる競売市場への『橋渡し』として皆様が競売マンションドットコムを活用され、ご自分の理想の物件と巡り合えることを願っています。

ページ上部へもどる

PRO Landing Page

会員の方はこちら

マイリスト

  • 最近見た物件  0件

競売カレンダー

競売中古マンションQ&A

落札代金の他に取得するにあたりどのような費用が必要ですか?

物件や取得後の利用形態により掛かってくる費用は異なりますが概ね以下の通りです。

<必ずかかる主な費用>
 ...

»詳細をみる
入札前にお部屋の内部を見ることは可能ですか?

入札前にお部屋を見ることができる物件はほとんどありません。
平成15年に差押債権者の申立てがあれば裁判所執行...

»詳細をみる
競売マンションにはお宝物件があると聞きますが。

はい、思わぬ希少物件に巡り合う可能性があります。
一般中古市場のマンション物件の多くは既に情報が出回っている...

»詳細をみる
もっと見る

競売中古マンションコラムカテゴリ一覧

 

ページトップへ ページトップへ